陸上競技Neke Riku

主に男子短距離について素人が勝手に書いているブログです

日本選手権 男子100m予想

全く更新できてませんが、日本選手権予想を超簡単に。

 

100m

優勝 桐生選手

2位 ケンブリッジ選手

3位 山縣選手

4位 多田選手

 

桐生選手は大一番で力を発揮しきれない印象も少なからずあると思うが、それでも推すのは主に2点。

 

まずは安定感。

今季 は10秒0台から1台までを連発しているが、それがいろんなシチュエーションでなされていることが大きい。

 

その安定ある走りにおいて、織田記念で多田選手を圧倒していることも重要なポイント。

多田選手はそこから更に調子を上げているとは思うが、走力自体で今の桐生選手を抜いたとは思えない。

国内絶好の条件での9.94や10.08より格上相手のDLで10.18の方が価値があるし、桐生選手自身DLでのレースを体感しことで自信を付けているのではないか。

 

もう1点は単純な話で、怪我などの不安要素がほぼないということ。

ただ、本当に200mにも出るなら体力的に考えて一気に不安要素になってしまう(どっちなんだ)。

当日の余力次第で200mは棄権するのではないかと推測しているが。

 

ケンブリッジ選手は勝負強いし、調子の上げ幅で言えば、最も期待できる選手。

ただ現時点において昨年ほどの仕上がり方ではないように見えることと、上記の桐生選手と多田選手の比較を当てはめた場合、川崎GPの結果からも三段論法において桐生選手に勝つのは今はまだ難しいのではないか。

 

(桐生選手が上海DLで 走れていればこの辺のもうちょっと予想しやすかったでしょうね。)

 

山縣選手は本調子なら優勝候補筆頭に挙げるところだが、どこまで復調しているかわからないので何とも言えない。

仮に絶好調としても間隔が空きすぎてレース勘が鈍っているかもしれないし、10.06の走りも全体的に仕上がっていたわけではないので、その辺りの積み上げから考えても不利と予想。

それでもクレバーで経験値もある選手だけに代表入りは果たすのではないかと思い3位とした。

 

多田選手は最も勢いに乗っているし、個人的には9秒台の走りより10.08の方が遥かに良くて、あの走りをそのまま日本選手権決勝の舞台で出来れば優勝もあり得なくはないだろうか。

ただ、あくまでそれは強い追い風かある場合と他の3強をスタートで置き去りにできた場合。先行はできるかもしれないが、圧倒は難しいだろう。

その位置できた場合は大なり小なり力む

だろうし抜き去られるだろうな、という予想。

 

ちなみにサニブラウン選手が勝つ可能性もあると思うが、いまひとつ元気がない印象なのと一気に調子を上げてくるタイプでもなさそうなので候補から除外。

200mに期待したい。

 

 

と、偉そうに予想を立ててみましたが、実は何回も上記順位が頭の中でひっくり返っているので「分からない」というのが正直なところです。

 

何れにしても誰が勝っても面白いでしょうね。

ハイレベルということがその第一要因ですが、4強の全員が標準記録を突破している中で、誰か1人(必ずしも1人とは限りませんが)が表彰台から無情にも落選することが決まっているから余計におもしろいんでしょうね。

 

ちなみに200mは有力選手のレースをほとんど見てないので予想はやめときます。

 

また、実は観戦も行くつもりだったんですが無理そうです。

それが残念でならない。。

 

 

〜了〜