陸上競技Neke Riku

主に男子短距離について素人が勝手に書いているブログです

DLストックホルム

200m(+0.3m)

エドワードが20.04で優勝。
ジョボドゥワナが20.18で2位。

エドワードは固さもあったように見えますが曲線の頂点までは外側、そこから先は内側をスムーズに無駄なく走り抜けるコーナリングはカッコいいんだよなぁ。

走力自体はジョボドゥワナも負けてないと思いますが、その辺りの上手さが直線での走りの差にもなっているでしょうか。

エドワードはベルリン世界陸上の銀メダリストですが、あの時もボルトの世界新を出した驚異的な走りにも乱されることなく、直線で混戦を抜け出す走りを序盤から淡々と(?)構築してたんですよねぇ。

あれから6年ぶりのメダル獲得なるか、注目したいところです。


〜了〜