陸上競技Neke Riku

主に男子短距離について素人が勝手に書いているブログです

DLパリ

また空いてしまいました。
仕事がなかなか片付きませんが、
ぼちぼち更新していきます。


f:id:berunarud:20150706085941j:image

100m(+1.3m)
パウエルが9秒81の好タイムで優勝。

やはり好調の様子。
上半身の動きがやや硬かったようにもみえますが、完全に乱れないように上手くパワーでコントロールした面もあるのか。

大崩れしそうでしない、そんな今までになかったしぶとさを感じたりもしますが、果たして。。

ビコは大幅自己新となる9秒86。
スタート直後の体の起き上がり具合はいつも通り。
ビコにとってはスピードを一気に上げるための絶妙な角度なのか。
この選手も波があるので期待外れに終わる可能性もありますが、ハマればとんでもない結果を出す可能性も秘めていそうです。

400m

ファン・ニーケルクが43秒96で優勝!
一気に43秒台に突入してきただけでなく、ジェームスを降しての結果であることに価値があります。

元々スピードはある選手ですが、それが400mという距離に噛み合ってきたのか。
おそらく身体が柔らかく接地も正確で、そのあたりがスピードコントロールを自在にしているのかもしれません。


ジェームスはいつもの滑らで柔軟な動きに比べて少しブレーキのかかる走りにも見え、それほど好調ではなかったのか。
ただ今季好調のファンニーケルクを少々なめていたのもあるのでは。

第3コーナー付近でファン・ニーケルクに並ばれた時点で「あれ?ダメだ」と直感的にも負けを覚悟したんじゃないでしょうか。


いずれにせよ面白くなってきました。



〜了〜