読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陸上競技Neke Riku

主に男子短距離について素人が勝手に書いているブログです

全日本実業団2016

すっかりオフモードになり、また空いてしまいました。

 

M100m +0.5m

山縣 10.03

ケンブリッジ 10.15

馬場 10.38

草野 10.45

猶木 10.49

九鬼 10.54

孫子 10.60

高瀬 10.66

 

オリンピックで好成績を残した2人が登場。

しかし今回は山縣選手が自己新でケンブリッジ選手を圧倒した。

 

乗っているとはいえ、疲れもあるだろうこの時期での03は凄い。

しかもこの日3本目のレースで風もいい訳ではない。

 

追い風2mに近い状況で9秒を出すよりもこういった状況で0台を連発することの方が価値があると思うが、実際に山縣選手だけが追い風1m未満で複数回0台をマークしているんだな。

 

そしてリアクションタイムは0.107秒だとか。

本当に安定している。

 

スムーズに加速できる角度で飛び出しながらも上体は起こしてくる際に無理がない位置にある。

山縣選手にとってベストのポジショニングなのだろう。

 

ガンガン攻める爆発的なスタートというよりかは一歩一歩の動きの中で無駄を排除することでスムーズに加速するという印象。

 

そしてその勢いをゴールまで殺さずに運ぶ。

そんな淡々とした作業に見える。

 

まさに職人的な技術。

その技術の安定が記録を含む結果の安定となっているのだろう。

 

 

 ケンブリッジ選手は調整不足だろうか。

 

オリンピックの準決勝と同様に序盤であれだけ離されるとさすがに厳しく、完全に主導権を奪われた。

 

それでも安定して1台を連発するあたりはさすが。

国体では立て直す可能性もあるのではないかと思う。

 

 高瀬選手は動きの割に身体が前に進まないな、と思っていたらスパイクではなくアップシューズだったのだとか。

それで66は結構凄いな。 

 

 

M200m ±0m

飯塚 20.57

藤光 20.67

猶木 20.81

高瀬 20.96

田村 21.05

土手 21.21

小林 21.30

孫子 21.33

 

飯塚選手は疲れはあったものの安定して動けていただろうか。

 

アウトレーンというのも良かったのか、コンパクトにまとめながらも可動域は広く、全体的に余裕を感じた。

 

桐生選手が来年は200mへの参戦を表明しているし、今後は序盤のスピードが求められると思うが。

 

藤光選手はだいぶ調子が戻ってきたが、上半身と下半身の動きがうまく噛み合わなかった印象。

 

高瀬選手はオリンピック同様に前半で動きが止まってしまった。

 

やはり2人とも今季は故障の影響が大きかったのだろう。

 

そんな中、猶木選手が前半の貯金を活かして3位に食い込んだ。 

 

原選手も出てれば更に面白くなったのだが。

 

 

〜了〜

 

 

DLブリュッセル

M200m +0.8m

フォルテ 19.97

ジェミリ 19.97

マルティナ 19.98

ルメートル 20.16

グリエフ20.21

エドワード 20.23

タルボット 20.26

 

ジェミリが勝つかと思ったが、フォルテが僅差で勝利をものにした。

 

ほぼ互角のレースだったと思うが前半の貯金をしっかりと守りきったフォルテが一枚上手だった。

 

コーナーやラストの競り合いなど崩れそうな局面でも動きを制御できるフィジカルの強さを感じ、自身もその強みを意識しているのではないだろうか。

オリンピックに出ていたらメダルをとっていたかもしれない。

 

ジェミリは終盤の上下動でバラつき、失速。

しかしそれでも追い込んでいくのがジェミリらしい魅力であり、久々にそういった荒い一面を見た気もする。

まあ疲れもあっただろう。

 

マルティナはオリピック直後がピーク、そして今はそこから下降線を辿っているのだと思うが、それでも19秒台を出してくるしぶとさはさすが。

先日の自己ベストをマークしたレースと比べると僅かに回転で劣ったか。

 

ルメートルは完全にオリピックがピークだった。

いや、オリンピックあの決勝レースの20秒間がピークだったというべきが。

それ位に繊細な調整に成功したのかもしれない。

この後のデカネーションもまずまずの記録を出しているので悪い結果ではないが。

 

エドワードは身体が動きに全くついていかなかった印象。

それでも見事ツアーチャンピオンの座を獲得したが、いかにシーズンを通して力を発揮するのが難しいかが分かる。

 

 

M400m

サントス 45.02

J.ボルリー 45.55

D.ボルリー 45.61

K.ボルリー 45.67

 

やはりこの中ではサントスの実力が抜けていた。

冷静に後方待機しながらスピードを維持。

そのまま流れを殺さずに徐々に上げていき、最後は周りが脱落したこともあって圧勝した。

 

オリンピックでは準決勝で敗退してしまったがまたトップクラスに返り咲くことが出来る選手だと思う。

 

そして地元のボルリー三兄弟が2〜4位を独占。

ジョナサンはやや前傾、ケビンはややや後傾、ディランはその中間、てなざっくりとした印象を受けたが見た目だけではなく走りもほんとによく似てるな。

  

 

 

W100m +0.6m

トンプソン 10.72

シパーズ 10.97

 

今回トンプソンの圧勝。

 

推進力が凄まじく脚が前へ前へと投げ出され、身体がそれに追いつかないのではないかとすら思えるが、上体でうまく拾っていくというのか、接地タイミングに身体を綺麗に乗せていっている。

またそれらのバランスをとって支える骨盤も相当強いのではないか。

 

記録は72だが内容的には6台でもいいような素晴らしい走りだった。

マリオン・ジョーンズの記録は破ってほしい。

 

シパーズはオリンピック後もある程度調子を維持していたが、この走りをされては勝負にならなかった。

 

W400m

セメーニャ50.40

オコロ50.51

マクファーソン 50.51

ジャクソン 50.73

ヘイスティングス 50.84

 

セメーニャが専門外で勝利。

余裕があったわけではないと思うが練習の延長線上のような走りで勝った。

 

序盤は一見スピードに乗っていないようにもみえるし、実際スムーズな流れを構築しているとは言い難いと思うが、軸が全くブレない強さがあり、そのパワーで惜しかった印象。

 

ミラーやフェリックスとの戦いが見てみたい。

 

 

 

これで今季DLは全て終了。

最も印象に残ったのはやはり100mハードルのハリソン。

ほぼ全てが素晴らしいレースだった。

 

男子は誰だろう。

新鮮度でいえばマクレオドだが、連覇のインパクトも考えるとラビレニかな。

 

 

〜了〜

 

デカネーション2016

桐生選手が100mに出場。

 

向かい風1.9mの中10.35で2位。

優勝はパウエルで10.20という結果だった。

 

桐生選手は好調を維持。

ほんの僅かに起き上がるのが早かったような気もするが、中間まではまずまずの走りで加速した。

 

ただその時点でパウエルに大きく先行されており、後半は力んだのか上体がやや前のめりになり、脚の動きとズレが生じたのではないだろうか。

 

しかしそんな中でもよく走れたと思う。

内容的には日本インカレの走りに少し劣る程度なのでは。

 

オリンピック前に同じレースに出ていたら10.4はかかっていたかもしれない。

昨年の9.87wは別格としても着実に海外でのレースにおいてもステップアップしている。

 

これから海外レース経験を積むことでより感覚が磨かれ、どこかで自身の爆発的な野性味を発揮できる時がくることを期待したい。

 

 

しかしそんな桐生選手を置き去りにするパウエルはさすが。

今年は個人で代表を逃したとはいえやはりやはり元世界記録保持者であり、9秒台を100回近く記録した男であり、今季DLのチャンピオン。

その風格は健在で他を圧倒した。

 

もう引退も近いなら、日本のレースに出てくれないだろうか。

 

 

 

〜了〜 

 

 

日本インカレ

桐生選手の走りについて。

 

100mを10.08(+1.1m)、200mを20.60(−0.1m)で制した上マイルにも出場して(ラップ46.4?)優勝に貢献。

4継は最下位に終わったが三冠を達成した。

 

オリンピックのリレーで好感触を掴んだのはあるだろうか。

スケールを小さく例えるなら全国大会で結果を残した選手が自信と余裕を持って地域大会で無類の強さを誇る。

そんな感じだろうか。

 

100mはスタートで出遅れたが焦らなかった。

しっかりと加速してスピードに乗ると後は持ち前のパワーで他を圧倒した。

 

オリンピックの個人100mも含めて今季はどこか窮屈に動いているように見えたがこの日は柔軟性があり、可動域も広かった。

 

強いて言うならほんの少しだけ身体が重くもう少し絞ってもいいように見えたが、そうするとまた噛み合わない部分が出てくるのかもしれない。

 

おそらく9秒台は出るだろう。

本人にとっても自己ベストの10.01を破るのは感覚的にもそう困難に感じていないのでは。

普通の、あるいは悪条件で、はたまたレベルの高い国際大会で10.0台を出しても同じ位の価値はあると思うので、まずはその辺りをコンスタントに出せれば現実味を帯びてくると思うが。

 

 

200mは余裕を持ってゴール。

本人がレース後に言っていたように(言ってたかな?)、今季は200mをもう少し走っていればよかったのではないかと思う。

 

幅跳や三段の選手が助走を安定させるために取り組むかのように、100mでの後半の走りを安定させるために。

 

今後はある程度200mにも出て行くのか?

本気で取り組めば20.1台はすぐにでもでそうだが、20.3台あたりで安定した走りを見たいところ。

 

マイルはラップで言えば早くも遅くもないと思うが、それより何より急ごしらえでよく対応できた思う。

失速はしたが400mの走りも100m、200mに通ずるものがあり、それだけ動きのベースが出来てきつつあるということか。

 

200mに取り組むのと同様に、海外の選手が良くやるように春先に1〜2本400mのレースに出てもいいかもしれない。

 

 

〜了〜

 

 

 

 

 

 

DLパリ

ジェベットが世界新をマークしましたね。

今季の内容を考えれば記録更新は時間の問題かと思いましたが、まだまだ記録を縮めてきそうなのがおそろしいです。

 

さて、そんなDLパリ大会を少し。

 

M100m −0.1m

メイテ 9.96

シンビン 10.00

マルティナ 10.01

フィアロン 10.05

ビコ 10.12

コリンズ 10.12

ロジャース 10.14

ウジャー 10.15

ルメートル DNS

 

スムーズに加速にのったメイテが勝利。

自分のペースに持ち込めるとしなやかで伸びのある走りを見せる。

 

シンビンも悪くはなかったと思うが後半ややバタついたか。

それでも走りのベースは安定しているように思う。

 

オリンピックから一気に調子を上げてきたマルティナは100mでも今季ベストをマーク。

上体でグイグイと身体を運ぶ後半の追い上げは凄まじく、動きの正確性だけでなくパワーも感じる走りだった。

 

フィアロンは全身がよく動いていたが最後までもたなかった印象。

しかしここ数戦で存在感を示した。

 

ビコは五輪決勝で失速したまま盛り返せず。

今季は特に波があったように思う。

 

 

 

 

 他には男子400mHがおもしろかったですね。

クレメントが勝つかと思いきや今季不振続きだったベットがここにきて好記録で優勝。

オリンピックは残念でしたかまこういった切り替えが素晴らしいなぁ。

 

 

  

〜了〜 

DLチューリッヒ

棒高跳のラビレニはやっぱりスター性がありますね。

世界大会で勝てないのも魅力的に見えてきました。

 

ケンドリックスが付け回すのも仕方ないか。。

 

しかし3位に終わったダシルバの跳躍にも魅了されました。

 

ブブカと同じコーチ?なんだとか。

助走が似てるなと思いました。

 

実はオリンピックで優勝を決めた試技を見れてなかったのでこのチューリッヒ大会の後に見たのですが、凄い跳躍でした。

華やかでこちらもスター性がありす。

今後はラビレニと世界記録を奪い合ってほしい楽しみな選手です。

 

  

M100m +0.4m

パウエル 9.94

シンビン 9.99

メイテ 9.99

コリンズ 10.10

ジェミリ 10.11

クレオド 10.12

マルティナ 10.13

ウジャー 10.13

ロジャース 10.15  

 

ガトリンが出場しなかったため、優勝したパウエルがそのままツアーチャンピオンに。

実質このレースだけで決まってしまうのはやや疑問が残るが。

 

今回もパウエルの勝ちパターンで前半から抜け出てそのまま逃げ切り。

死角のないレースだったと思う。

序盤で前に出れていれば本当に強い。

 

そしてメイテは僅かな差でツアーチャンピオンを逃した。

前回対戦した時と同様にパウエルに圧倒されたか加速がスムーズにいかなかった。

 

シンビンは淡々と追い上げて見事に逆転。

この選手は走りの内容、安定感におけるアベレージが高い。

 

メイテはその部分の差で最後にさされたが、こちらも記録のアベレージは高く、大崩れはしない。

 

実は今季2人で何度も接戦を演じてるので見直すと面白そうだ。

 

コリンズは後日のワールドチャレンジで優勝していることから考えてもここにきて再び調子を戻したか。

こういったところにキャリアの深みを感じるんだな。

 

ジェミリはオリンピックの走りに比べればキレがなく強引な動きに見えたがそれでもそれなりに帳尻を合わせるのはさすが。

 

絶好調だったマルティナは連戦の疲れからか精彩を欠いた。

 

そして注目していたマクレオドもまずまずの結果。

満足いく走りではなかったかもしれないが、いきなり100m仕様に切り換えて、そしてこのメンツでこの順位に入れるところに走力の厚さを感じる。

 

 

 

M400m

メリット 44.67

タプリン 44.70

ブレネス 45.18

ルーニー 45.32

ガーディナー 45.66

マクワラ 45.68

 

残り50mあたりでタプリンが逆転するかと思ったがメリットが粘った。

シーズンを通しての疲労はピークに達していたと思うが、ここで自身の動きが乱れず制御できるところが凄い。

 

しかしタプリンもよく追い込んだ。

前半で早くもメリットに抜かれたが冷静にスピードを殺さず待機できた。

もう少し前半で攻めても良かったかもしれないが届かなかったことを考えるとベストな走りだったと言える。

 

前戦で検討したガーディナーは失速。

いかにメリットのアベレージが高いかということだな。

 

  

W200m +0.2m

トンプソン 21.85

シパーズ 21.86

フェリックス 22.02

 

 最も豪華なメンバーで盛り上がったのはこの種目。

 

シパーズは前半からガンガン攻めてトンプソンに先行するという展開で勝負をかけたが、背後から迫るトンプソンを意識してか動きが乱れて自滅。

 

前半攻め過ぎた、というより力が入りすぎて余裕をなくしたのかもしれない。

しかしレースをおもしろくしてくれた。

 

それにしてもトンプソンは強い。

僅差の決着だったが走る前から勝利を確信していたかのように堂々としたレースぶり。

地面を正確に捉え続ければ誰も自分に先着できない、そんな無慈悲な迫力があった。

 

そしてこの種目でのオリンピック出場を逃したフェリックスが参戦してくれたことがより一層レースを華やかなものにした。

 

上位2人には差をつけられたがこちらも好記録。

キレがないというよりかは200m仕様に仕上がっていないように見えだが、それでも淡々と美しい円を描く脚の動きで4位以下には明確に勝つところが凄い。

来年はどの種目で狙うのか気になるところ。

 

 

〜了〜

 

 

 

DLローザンヌ

 

 

M100m +0.5m

パウエル 9.96

メイテ 10.01

フィアソン 10.05

マルティナ 10.15

コリンズ 10.24

 

この時期のパウエルは強いな。

オリンピックに個人では出ていないので心身ともに余力があるのかもしれない。

 

全盛期程ではないにせよスタートから抜け出し、パウエルらしい勝ちパターンだった。

柔軟性があり、上手く自分のパワーをコントロールしていたと思う。

 

本数をこなすのは厳しいかもしれないが1本勝負ならまだまだ戦えるのではないかと思う。

来年は分からないが。

 

メイテは上手く加速出来なかったのか中間で動きがぶれてしまったように見える。パウエルがスタートで潰したともいえるだろうか。

しかし好調は続いている様子。

 

フィアロンは後半乱れたが序盤の貯金が活きて3位。

 

コリンズは上手く体が前に進まなかったように見える。動きと噛み合っていなかったか。

 

 

M200m +0.4m

マルティナ 19.81

エドワード 19.92

フォルテ 20.16

ツァコナス 20.21

 

マルティナはオリンピックに続き、またも驚かせてくれた。

なんとここにきて自己新。

 

オリンピックの走りも良かったが、ピークが少し遅れてやってきたのかもしれない。

 

スタートはやや大回りなようにも見えるが、アウトレーンということもあっめか上手くスピードに乗れた印象。

 

そして、直線では一歩一歩の絶妙なタイミングとバランスをとることで推進力を逃さない。

 

少しでも間合いがズレると大崩れするのではないかという際どいものにも見えるが、実は自身の調子以外に左右されることは少なく、その時その時のベストの走りを都度構築するセンスに長けた選手なのではないかと思う。

 

エドワードは残り30m〜40までは勝てると思ったのではないか。

動き自体は余裕があり、冷静にゴールが見えているはずなのに無意識の中でマルティナのペースに乱され、最後まで流れ作れきれなかったような印象。

 

歩いていて同じ位の速度の人に並ばれた時、微妙な間合いになる感覚に似てるのではないか。

ただ歩いているだけだからペースは守れるはずなのに、何故かいらない力が入ってしまうように。

 

いや、違うか。

 

フォルテとツァコナスの記録もまずまず。

条件も良かったのだろう。

 

 

 M400m

メリット 44.50

ガーディナー 44.75

ボネバシア 45.26

マスラク 45.35

ルーニー 45.46

マクワラ 45.62

 

メリットはさすがに疲れからか余裕がないように見えたが上手くごまかして処理していたように思う。

 

ファンニーケルクのおかげで地味な記録に写るが、今の状態でこれだけ走れるのはさすが。

マスラク等に1秒程の差をつけてることからもその安定感がわかる。

 

そんな中でガーディナーは健闘したな。

 

 

W100m +0.8m

トンプソン10.79

プランディニ 11.11

5.タルー 11.25

 

オリンピックから間もないこのタイミングでこの記録を出すとは!

これはフレーザーよりも凄い選手になるかもしれない。

 

オリンピックで健闘したタルーは5位。

ピストルが聞こえずトンプソン以外が最後まで走りきってしまうというアクシデントも大きく影響しただろうか。

 

 

W100mH +0.7m

ハリソン 12.42

パーパー 12.71

ストワーズ 12.75

 

ハリソンはオリンピックには出れなかったが、世界記録保持者としての迫力は十分。本当に強い。

 

後半やや浮いていたようにも見えるのがまたおそろしい。

 

 

 

〜了〜