陸上競技 男子短距離〜観戦記〜

主に男子短距離の観戦記&雑感などを勝手に書いているブログです

日本選手権2019

M100m

-0.3m

サニブラウン 10.02

桐生 10.16

小池 10.19

飯塚 10.24

多田 10.29

坂井 10.31

川上 10.31

ケンブリッジ 10.33

 

本人が言うようにサニブラウン 選手は準決勝の走りの方が良かった。

決勝はやや加速がやや鈍く、強引にいった印象があるが、それでも大差で勝てるのはそれだけ地力の差があるということだろう。

また理想のレースでなかったとしても乱れることなく、持ち味を発揮できるだけの安定した技術的土台があるということか。

 

桐生選手は大きく差をつけられてしまったが、序盤はまずまずの滑り出しだった。中盤以降はサニブラウン選手にのまれ、好調時のようなピッチを刻む軽快さは影を潜めたが、昨年までのように大きく崩れることなく、終始落ち着いたレースをしたと思う。

 

予選の走りだけでいえば小池選手にも勝機はあるかと思ったが、準決勝以降はトーンダウンしてしまったようにみえる。

力んだというよりかは、丁寧に行きすぎたような気もするが、それでも3位を確保できるだけの安定感はさすが。

 

ある意味、最も自分の走りができたのは飯塚選手かもしれない。自身の加速力を最大限に引き出したレースはベテランらしい味があったが、負担がかかったのか、200mは残念な結果となった。

 

多田選手はスタートからの飛び出しが一昨年までのナチュラルなものでなく、無理やりそういう展開に持っていっているようにみえる。

しかしよく復調してきたし、今の状態でこの結果はなかなか見事だと思う。

 

今季好調の坂井選手も後半力んだものの、中盤まで持ち味は発揮したか。また川上選手も60mで日本新を出したように前半は見せ場を作った。

 

 

3年連続で3位内に入っていたケンブリッジ選手はまだまだ本調子ではないのか最下位に終わったが、こちらも決勝に残ってくるあたりはさすが。

 

 

M200m -1.3m

サニブラウン 20.35

小池 20.48

桐生 20.54

白石 20.80

山下 20.83

田村 21.06

橋元 21.13

染谷 21.22

 

サニブラウン選手はもっと大差をつけると思っていたが、疲労があったか。

体力的なものだけでなく雨、風による消耗もあっただろう。

100mの決勝以上に強引さが見えたが、勝つためにそうしたというよりかは、自分の走りを出来るだけ崩さないために普段のナチュラルな動きに強引に近づけた、ということではないか。それさえできれば勝てると。

間違いなく19秒台はでるだろうけども、世界陸上を迎える前にそれは達成されるのかどうか。

 

小池選手はコーナーを上手く抜け、後半もよく粘ったが、やはり100Mに続いてやや重く、自身の最速を導き出す動きには至らなかったようにみえる。

しかし見せ場も作りアジアチャンピオンとしての威厳はたまったと思う。

 

桐生選手は前半で上位2人にやや放されたが、最後まで自身の動きのロスを最小限に抑えて3位を確保。200mでこの走りができるのだから、100mでの落ち着いたレースも納得できる。

 

春先絶好調だった白石選手は100Mで結果を残せなかったが、ここでしっかり上位に入ってきた。ただキレはなかったか。

 

それにしても今回は本当に100mと200mの上位人が同じメンツとなった。

 

代表入りはどうなるのか、飯塚選手が厳しいようあれば多田選手、白石選手も候補となるか。

あるいはこれからのレースで決められるのか。

 

実は今回からの選考規定をあまりしっかり見ていないので、読んでおきます。

 

〜了〜

 

日本選手権予想

100m

 

1.サニブラウン

2.小池

3.桐生

 

次点 坂井

 

日本新を出した走力だけでなく、勝負強さもサニブラウン選手が一歩、いや、大きくリードしているだろうか。

今季好調の桐生選手にも勝機はあると思うが、予選会も含めてレベルが高い全米学生の全レースにおいて内容の濃い走りを披露し、結果も残していることから、ラウンド形式の大会においてはサニブラウン選手がより有利か。

 

桐生選手もアジア選手権で勝っているので、昨年までのように大崩れすることはないかもしれないが、その反面決勝で飛び抜けた走りをするような幅もないだろうか。

最後は小池選手にも刺されるのではないかと予想する。

 

次点は山懸選手にしていたが、棄権のため勢いに乗る坂井選手にした。100mも参戦するなら飯塚選手にも期待。

 

ファイナル候補としては、

多田選手、白石選手、宮本選手、ケンブリッジ選手、といったところか。

 

200m

1.サニブラウン

2.小池

3.飯塚

 

次点 桐生

 

100m以上にサニブラウン選手の圧勝と予測。

19秒台にも期待したいが、そこまで狙わないだろうか。それと天候も不安要素。

 

小池選手はどこまで200m仕様の走りが作れているかだと思うが、100mの走力を考えれば2位以内は固いだろうな。

 

今期は出遅れているが飯塚選手もしっかり合わせてくるのではないか。

桐生選手が昨年同様200mも出るなら表彰争いに加わってほしいところ。

 

 

 

というか、両種目の上位3人が同じ面子になる可能性もあるかもしれませんね。

今年は。

 

〜了〜

 

サニブラウン選手が日本新

先日行われた全米学生の100mでサニブラウン選手が9.97の日本新をマーク。

 

というよりも、全米学生の3種目において表彰台に上がったことの方が偉業かもしれません。

 

9.97を破ることはできても、過去を含めどんな偉大な日本人スプリンターでもこの結果は残せなかったでしょう。しかも過密スケジュールで。

 

100m(+0.8m)

オドゥドゥル 9.86

ギレスピ9.93

サニブラウン 9.97

 

200m(+0.8m)

オドゥドゥル 19.73

ギレスピ 19.93

サニブラウン 20.08

 

100mに関しては、大方予想されていた通り想定内の記録。

 

昨年までよりも出力が上がり、ストライドも減らせたことで記録を短縮しているが、それらをコントロールする体幹の強さやバランス感覚、接地における瞬発力等もハイレベルな領域に達したと思われる。

 

しかしこの日はややスムーズさに欠け、動きに微妙なズレがあったようにも見える。どちらかというと先日の9.99の方がいい走りだったかもしれない。

 

それでもベース自体がグレードアップし、走りの核が乱れることはないのでこれだけの記録が出るのだろう。

現時点で9台前半の実力はありそうだ。

 

どちらかというと驚いたのは200mの方。

スタミナ的にも厳しいかと思われたが、リレー、100m、そして200mまでを2時間程度の間にこなしてここまでの記録がでるとは。

 

こちらも20.13を出した時の方が鋭い走りだったが、前半で稼いだ貯金を崩さない安定感、粘り強さにワールドクラスの風格を感じた。

19秒台は時間の問題か。

 

 

なお今回の結果により

100m

日本記録保持者

海外最高記録保持者

セカンドベスト最高記録保持者

 

200m

海外最高記録保持者

セカンドベスト最高記録保持者

 

となりましたが、これらの記録も自身によってこれからどんどん抜かれていくでしょうね。

 

 

それにしても、そんなサニブラウン選手を2種目で上回り好記録をマークした上位2人は凄いですね。

 

 

〜了〜

 

シーズンイン

国内のトップスプリンターがシーズンインしています。

中でも桐生選手は100mを10.08で走っただけでなく200mも20.39の自己ベストをマークして好調をアピール。

内容的には200mの方が余裕、というか走りにゆとりあったように見えます。

 

山縣選手は追い風参考で10.18。

ただ、こちらの方がまだまだ余裕を感じさせるものがありました。

 

今年は室内から好記録が続いており、ニサニブラウン選手と川上選手(屋外では桐生選手と同レースで10.24の自己新)が60mで6.54の日本新をマークしていますし、同じく室内で6.57をマークした多田選手も復調の兆しをみせています。

 

ここに小池選手や飯塚選手も参戦してきますし、ケンブリッジ選手も調子を上げてくるでしょう。

さらに犬塚選手も10.25の順大新をマークしていますし、高瀬選手も調子を戻しつつあるようなので、今期は2017年を凌ぐハイレベルな争いになるかもしれません。

 

 

〜了〜

全日本実業団2018

100m ±0m

山縣 10.01

桐生 10.22

川上 10.33

 

日本新を期待して現地観戦。

残念ながら記録更新はならなかったが、相変わらずのハイアベレージで山懸選手が優勝。

 

アジア大会の時より動きに余裕はあったと思うが、強いていうなら最後数メートルは僅かに間延びしただろうか。

それでも追い風なら9秒台は出ていたであろう走り。

勝負としても最初の1歩目で抜け出し、格の違いを見せた。

なおこの記録はサードベストとして日本最高タイ。

 

桐生選手は準決勝同様にスタートで出遅れた。序盤は腰もやや引け気味だったか本来のレースができなかったが後半の追い上げで最低限の見せ場は作ったと思う。

 

ちなみに今回は試合前にほとんど走らないという調整法を試みたようだが、うまくいなかったのかもしれない。

今季はあまりいいところがなかったが、そういった様々な試みはできたようなので、その経験から来年どのようなプランでくるかも楽しみ。

 

なお川上選手も3位争いの激戦を制する好走。

前半の貯金が大きかったと思うが、どちらかというと準決勝の追い上げる展開の方が動けていたと思う。

良し悪しは別だろうけども。

 

 

〜了〜

 

 

 

ダイヤモンドリーグ ブリュッセル

100m-0.3m

コールマン9.79

イカー9.93

ブレイク9.94

プレスコッド9.99

シンビン10.03

ロジャース10.16

ウジャー10.17

ヤング10.26

 

イカーが遅れたな、と気を取られていると、コールマンが飛び出し、あれよあれよと後続を突き放して圧勝。

今季最高、自己新、初の7台での勝利となった。

 

黒人選手は骨盤が前傾しスプリントに向いていると言われるが、コールマンはそのなかでもその長所がより秀でているように見える。

よくあれだけ突っ込むような上体で重心を移動させながらもしっかりと地面を捉えるこもができるものだなと。

 

競った時等の課題はあるだろうけども、今回も完璧なレースとは言えないだろうから、記録はまだ短縮してきそうだ。

 

また今季は怪我もあって勝ったり負けたりを繰り返しながら、1番重要なところでの勝負強さを証明したといえる。

 

イカーはリアクションタイムが0.2秒以上?もかかったようで、これはやってしまったなとおもったが、それでもよく2着を確保した。

焦っただろうけども、そこまで力んだ走りにも見えず、またタイムも悪くないので私は逆にすごいなと思った。

まあ負ければ意味ないが。

走り自体は安定しているが、ここ1番での勝負強さが課題か。

 

ブレイクは納得のいく走りではないだろうけども、最低限の結果は残せた。

改めて地力があることを証明はしたが、ここ以上に復調できるかどうか。

 

プレスコッドも悪い走りではなかったが、ここまで前半放されると厳しかった。

 

〜了〜

 

 

 

ダイヤモンドリーグチューリッヒ

200m -0.2m

ライルズ19.67

グリエフ19.98

リチャーズ20.04

ブラウン20.14

キニョネス20.34

ウィルソン20.41

アダムス20.51

ミッチェル・ブレイク20.53

 

ライルズは安定感がすごいな。

ここにきても疲れを見せず、平常運転で圧勝。

 

この選手に対抗するにはやはりスピードのある選手でないとなかなか厳しいだろうな。

 

来年は19秒5台を期待したい。

 

グリエフはヨーロッパ選手権で自己新をマークして乗り込んだが大きく放された。

前半で差をつけられると厳しかったが、19秒台にとどまり、2着をキープしたのはさすが。

 

リチャーズもグリエフ同様に昨年の世界陸上メダリストとして最低限の結果は残せたシーズンだったと思う。

 

そこには一歩及ばないがブラウンも今季は最後まで安定していた。

 

 

400m

カーリー44.80

ストルゥーザー44.93

ハドソン・スミス44.95

デデウォ45.18

テベ45.41

サントス46.41

コンラディ47.37

ガーディナーDNF

 

ガーディナーが棄権したのは残念。

 

そして今季のレベルにしては記録も良くなかったが、最後まで自身の走りを貫けたカーリーがツアーチャンピオンに。

全米以外での初のメジャータイトル制覇といえるか。

 

ストゥルーザーも後方待機でよくレースを見ていた。

スミス、デデウォといった上位常連を崩して2着に入ったのは価値があるだろう。

 

 

来年はバンニーケルク、ノーマン、ブルームフィールド、マクワラらも出てくるだろうから層の厚さでいっても非常に楽しみな種目。

しかしバンニーケルクは大丈夫かな。

 

 

〜了〜