読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陸上競技Neke Riku

主に男子短距離について素人が勝手に書いているブログです

山懸、桐生選手がシーズンイン

国内 ニュース

オーストラリアの大会で桐生選手と山懸選手が早くもシーズンイン。

 

レースは2本行われ1本目は桐生選手が10.04(+1.4m)、山懸選手が10.06(+1.3m)を記録してそれぞれ1着。

 

同日に行われた2本目のレースは同じ組で山懸選手が先着して10.08(-0.1m)で1着、桐生選手が10.19で2着となりした。

 

2人とも肉体改造で体重を2kg増量したなんて言われてましが、確かにパワフルさは増したように思います。

 

山懸選手はそのエネルギーを現時点での状態としてうまくコントロールし、桐生選手はやや持て余したでしょうか。

 

いずれにせよ肉体改造がプラスに作用しているということだと思います。

 

そしてシーズンインの記録としてはとんでもない記録。

この段階だからこそできた走りだったという側面もあるかもしれませんが、それにしてもこれまででは考えられない凄い記録。

 

大なり小なり銀メダル効果はあるでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

びわ湖毎日マラソン

瀬古さんが言うほど悪い結果だろうか?

 

川内選手や井上選手らが出てたとしてもそれなりに苦戦したのではないかと思ったり。

 

最近の選手は練習量が足りてないとかその辺り当てはまる部分はあるのかもしれませんが、なんだか「大喝」とやらに違和感を感じました。

 

 

まあ、レース見てませんが。

 

 

塚原選手が引退

国内 ニュース

少し前のネタになりますが、これは寂しいニュース。

 

どこかで復活を期待していましたので残念です。

 

しかし、2010年以降は辞退も含めて代表入りできていませんでしたし、怪我や年齢のことを考えればよく今シーズンまで戦ってきたというべきか。

 

なんといっても北京五輪のリレーでのメダル獲得が一番に取り上げられますが、個人でも素晴らしい結果を残しています。

 

07 大阪世界陸上2次予選敗退

08 北京五輪準決勝7着

09 ベルリン世界陸上準決勝8着

 

ベルリンの準決勝を除けばどのレースも自分の走り、あるいはそれに近い走りができていたのではないでしょうか。

所謂本番に強いタイプ。

 

その勝負強さがリレーの1走として生き、どのレースも有利な流れを作ることに貢献したのだと思います(ベルリン世界陸上は2走でしたが)。

 

世界大会以外では2009年の大阪グランプリで優勝したレースが印象的です。

これは更に世界に近づけるな、と思ったそのレースを境に下降していったように思います。実績としては。

 

またキャラもありましたね。

単純に表現するならスプリンターらしいスプリンター。

強気で攻める姿勢。

 

しかし走りには繊細なものも感じ、それも良かったですね。

 

引退した100m選手の中では吉岡氏、飯島氏、朝原氏、伊東氏らレジェンドに並ぶ名スプリンター。

 

長い間お疲れ様でした。

 

 

〜了〜

2016年T&F 勝手にMVP

その他

【海外編】

男子

 

短距離

ファン・ニーケルク。

 

今年のオリンピックにおいて、三冠を達成したボルトよりも世界新で優勝したことの方が上でしょうか。

 

 

マイケル・ジョンソンの保持していた記録水準及び400決勝レースのレベルの高さも考慮してのもの。

 

 

全種目

ファン・ニーケルク

他にはファラーも考えれられますが、こちらもボルトとの比較と同様の理由からファン・ニーケルクを推します。

 

 

女子

 

短距離

エレイン・トンプソン

 

オリンピック400mでフェリックスを破って優勝したミラーが次点でしょうか。

 

全種目

アヤナ

 

オリンピックでは5000mで負けましたが、10000mの世界新が凄すぎた。

 

 

【国内編】

男子

 

 短距離

山縣選手

 

ケンブリッジ選手でもいいのですが、オリンピック準決勝のレース内容と全日本実業団の結果を考えて。

 

全種目

澤野選手

 

個人種目でのオリンピック入賞を評価して。

ロードも込みなら荒井選手ですが。

 

 

女子

 

短距離

福島選手

 

日本新も出しましたし、やはり日本スプリント界では抜け出ています。

 

 

全種目

上原選手

 

正直パッと思いつく選手がいなかったが、オリンピック5000mで決勝進出したので。

 

 

結構ベタな選出になりましたかね。

 

 

〜了〜

ケンブリッジ選手がプロ転向

国内 ニュース

9秒台を出したら1億円なんて記事も出てた所属企業を辞めてプロ転向するのだとか。

 

プロとして成功する可能性はあると思いますが、現時点での実績でいうと層の厚い100mにおいてはまだ世界的に認められる位置ではないでしょうか。

 

ただ、オリンピック100mの予選とリレー決勝のインパクトは凄かったですし、スター性もあるのでこのタイミングでの決断はベストなのかもしれません。

 

また海外に拠点を置く可能性もあるようなので、海外レースへの参戦は楽しみですね。

 

 

〜了〜

 

サニブラウン選手がフロリダ大学に進学

国内 ニュース

前から噂はありましたが、本当に行くんですね。

 

個人的には海外の試合に出場していく選手は好きですが、全ての選手がそこを目指すべきだとは思いません。

 

国内でしっかり調整して世界大会で結果を残すタイプの選手もいるわけですから一概にどちらがいいとは言えません。

 

ましてや海外に拠点を置くとなると尚更でしょう。

現にアメリカなどに拠点を移して競技結果自体には結びつかなかった選手もいるわけですから。

 

ただ、サニブラウン選手はやはり国外へ出て行くべきなのでしょう。

 

それだけスケールのある選手であり、目指すところの到達点を考えれば必然的なことなのかもしれません。

 

うまく行くかどうかはこれからですが、これまでになかった新たな道を築くのではないでしょうか。

 

そして、何より楽しみなのは全米学生に参戦できるということ。

これはある種、世界大会や海外グランプリレースに匹敵する楽しみがあります。

 

まあ、時期的に日本選手権と被るかもしれませんが。

 

いずれにせよ、今後の大活躍を期待したいです。

  

 

〜了〜

 

 

全日本実業団2016

国内 実業団

すっかりオフモードになり、また空いてしまいました。

 

M100m +0.5m

山縣 10.03

ケンブリッジ 10.15

馬場 10.38

草野 10.45

猶木 10.49

九鬼 10.54

孫子 10.60

高瀬 10.66

 

オリンピックで好成績を残した2人が登場。

しかし今回は山縣選手が自己新でケンブリッジ選手を圧倒した。

 

乗っているとはいえ、疲れもあるだろうこの時期での03は凄い。

しかもこの日3本目のレースで風もいい訳ではない。

 

追い風2mに近い状況で9秒を出すよりもこういった状況で0台を連発することの方が価値があると思うが、実際に山縣選手だけが追い風1m未満で複数回0台をマークしているんだな。

 

そしてリアクションタイムは0.107秒だとか。

本当に安定している。

 

スムーズに加速できる角度で飛び出しながらも上体は起こしてくる際に無理がない位置にある。

山縣選手にとってベストのポジショニングなのだろう。

 

ガンガン攻める爆発的なスタートというよりかは一歩一歩の動きの中で無駄を排除することでスムーズに加速するという印象。

 

そしてその勢いをゴールまで殺さずに運ぶ。

そんな淡々とした作業に見える。

 

まさに職人的な技術。

その技術の安定が記録を含む結果の安定となっているのだろう。

 

 

 ケンブリッジ選手は調整不足だろうか。

 

オリンピックの準決勝と同様に序盤であれだけ離されるとさすがに厳しく、完全に主導権を奪われた。

 

それでも安定して1台を連発するあたりはさすが。

国体では立て直す可能性もあるのではないかと思う。

 

 高瀬選手は動きの割に身体が前に進まないな、と思っていたらスパイクではなくアップシューズだったのだとか。

それで66は結構凄いな。 

 

 

M200m ±0m

飯塚 20.57

藤光 20.67

猶木 20.81

高瀬 20.96

田村 21.05

土手 21.21

小林 21.30

孫子 21.33

 

飯塚選手は疲れはあったものの安定して動けていただろうか。

 

アウトレーンというのも良かったのか、コンパクトにまとめながらも可動域は広く、全体的に余裕を感じた。

 

桐生選手が来年は200mへの参戦を表明しているし、今後は序盤のスピードが求められると思うが。

 

藤光選手はだいぶ調子が戻ってきたが、上半身と下半身の動きがうまく噛み合わなかった印象。

 

高瀬選手はオリンピック同様に前半で動きが止まってしまった。

 

やはり2人とも今季は故障の影響が大きかったのだろう。

 

そんな中、猶木選手が前半の貯金を活かして3位に食い込んだ。 

 

原選手も出てれば更に面白くなったのだが。

 

 

〜了〜